歯科におけるインプラント治療

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。